2016年2月25日木曜日

one off corundum JINGUMAE

 

こんにちは
JINGUMAE店の 玉木です。
ようやく春めいてまいりましたが、
皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
お花見が待ち遠しい今日この頃です。
hum JINGUMAE店では、3月1日~31日まで、コランダムが展開いたします。
すべて一点物のコランダムシリーズ、ご存知のお客様も多いと思いますが、
従来のリングだけではなく、ネックレスも新しく加わります。
一つ一つの石に合わせて、古代ジュエリーモチーフにデザインし、カラーダイヤモンドやグレーダイヤモンドで取り巻きました。


コランダムとは元来、無色の鉱物です。
貴石というと、
ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドの4大貴石が一般的で、
それ以外を半貴石と呼びます。4大貴石のルビーとサファイアは同じ鉱物。
コランダムということはあまり知られていません。
コランダムが生成の過程で取り込まれるある種の元素に、
微妙な割合の違いが生じることよって、さまざま色を発するようになるのです。
赤いものはルビー、そのほかはすべての色はサファイアとされ、
成分の違いで呼び方が異なります。
humが注目したコランダムは産出された面影を残し、
まるで鉱物の軌跡を思わせるようにラフカットされた石たちです。
このコランダムたちは、インドの宝石商が大切にストックしていたものを、
たまたまご紹介いただき、手に入れた貴重なルースになります。
コランダムを使用したジュエリーは代表の貞清が製作しております。


作製の様子を見学しました
製作途中のコランダムたち 
リングの後ろ姿もかわいらしいです


製作の工程をご紹介いたします

火を使うことで金属をなましてやわらかくします。
そしてリングのかたちにし、ロウ付けをします

やすりがけ、表面を均一にするために形を整えております。

石座に石が留まる前の状態

留まりました
これだけでも充分かわいいです
石座部分とリング部分(アーム)をろうづけしたら全体像が完成します

コランダムの周りにダイヤモンドを留めていきます
留める時にリングが動かないように、しっかり固定してから留めます
ダイヤモンドを留めるポイントを決め、留める為の穴を掘ります
ここから、一気にダイヤを留めます

ダイヤが入りましたら、次に刻印が入ります
こちらは刻印をするための道具です
手作りにこだわるhumでは刻印をレーザーなどを使わずに
一文字一文字、丁寧に職人が刻印していきます

慎重に、刻印入れが行われます
最後に仕上げをし、完成です
こちらのコランダム(右)は、光を通す穴を開けずに、SVですべて覆いました
そうすることによって、ビビットな色味がより引き立つのです


デザイナー稲沼由香、
コランダムコーディネート
humのメンズブレスと、シンプルに
   ボリュームコーデ
リングもブレスレットもボリュームがあるのに、
さらっとつけたかのように見える、計算しつくされたこちらのコーディネート。
きれいな色味のコランダムを、メンズライクなアイテムとあわせることで、
それぞれの良さが引き立てあっております。
さすがです



また、わずかにのこっているコランダムのルースの中から
お好みの石をお選びいただきまして、ご希望のアイテムにさせてたいただく事も可能です。
1つの石の中に天然の様々な色が混ざった、
神秘的なコランダムたちは身に纏う人の個性をそっと演出してくれます。
世界にひとつだけのコランダムとの出会いをお楽しみいただけたらと思います。

"one off corundum"
JINGUMAE
3/1~3/31
Tel 03-6434-5576



【hum SNS】
Instagram: hum_official
Facebook: hum
staff blog: http://chisatosawa.tumblr.com




















0 件のコメント:

コメントを投稿