2016年2月18日木曜日

hum occasion for special ordering in Edition Omotesando hills

こんにちは。

先週末のあたたかさに浮かれて
厚手のコートを仕舞ったら、
週明けに慌てました。宇野です。

さて、2/11(木)よりEdition表参道ヒルズ店にて、
オーダー会を開催しております!





humeteのシルバーアイテムを中心としたコレクションに加え、

men's collectionより、シルバーのボリュームチェーンや

K18 white gold ・ yellow gold

リング、ブレスレットなど多数取り揃え、

かなり見応えのあるラインナップとなっております。



そして、なんと今回は、
men's collectionのアイテムを

レディースサイズでオーダーもできます!

すでにお持ちの方も多いhumeteのブレスレット。
こちらはメンズコレクションのもので、よりコマが大きく、
ボリュームある仕上がりに。

ストレートの他にグラデーションもあり、
このボリューム感でも、
女性でもエレガントに着けていただけます。

レディースではK18のフックも、
メンズではSVでクールな印象に。

このフックには、humならではの仕掛けが隠されています。

柔らかいシルバーも、ここまで大きさがあれば
フックに使うことができますが、
一番すり減る開閉部分にはK18を用い、
可動部分にはPTの棒を埋め込んでいます。

こうすることで、フックの劣化を防ぎます。
まさに職人のひと手間。


それでは、メンズコレクションを合わせた
おすすめコーディネートをご紹介します。
 メンズコレクションのSVのリングを人差し指に、
同じくメンズのK18YGのリングを
華奢なPTのリングと合わせて。

 humeteでおなじみのプレート×チェーンのリングも、
トップが大きいメンズ仕様でいつもと違う印象に。
手首もSVの重ね着けで
ボリュームを出してバランスをとって。

K18チェーンリングを重ね着け。
同じチェーンリングでも、
ピッチの違うコマのものを重ねると◎。


男性的なボリューム感のあるアイテムを、
あえて女性が身に着けることで、
より女性らしさが引き立つ不思議。

ぜひこの機会にお試しください。




そしてもうひとつの目玉が、

ヨーロッパより直接買い付けてきた

ヴィンテージチェーンをリデザインしたジュエリー。

職人 貞清がひとつひとつ目で見て選んできたチェーンに
humのエッセンスを加え、
他にはないスペシャルなアイテムに仕上がりました。

チェーンは主にイギリスとフランスの
アンティークやヴィンテージで、
1980年代のK9のヴィクトリアンチェーンや
1900年代のSVのアンティークチェーンなど。


そこに新しく作った現代のフックを付けたり、
あえてそのままのフックを残して仕上げています。
左はヴィンテージのフックのまま、
右は現在のフック(K18)。


チェーンのコマの裏側を見ると、
ところどころ消えかかった刻印があるものも。

これは、ホールマークと呼ばれ、
イギリスで年号などが判明できるように
金銀製品に刻印されるマーク。
時代を感じる刻印がカッコいい!


現代ではあまり見ないK9ですが、
1980年代は市場に多く、
K18に比べるとかなり純度が低いのですが、
非常に加工に向いている素材なのだそうです。


また、色が薄いため、男性の方もとても着けやすいのが魅力。
例えば、K18だと色が濃くて少しいやらしくなってしまうところが、
K9だと厭味が全くありません!

 2本ともヴィンテージチェーン。
シルバーとK9の組み合わせが本当にかわいい。
写真だとわかりづらいのですが、
シルバーのチェーンはグラデーションになっています!!!

 humeteのブレスレットにヴィンテージを2本重ねて。
太さの異なるチェーンを組み合わせれば、
3本着けでもまったく厭味ではありません。

メンズのチェーンとヴィンテージチェーンの組み合わせ。
今っぽいボリューム感がお気に入りです。
リングは女性らしいものを合わせるのがおすすめ。



デザイナーもメンズのブレスレットと
ヴィンテージチェーンを愛用。
こんな風に、着けているとだんだんとツヤが出て、
自分の色に育っていきいます。

いぶし銀とも言われるように、
常に身に着けたり、手入れをしてあげることで、
渋みのある銀色になっていきます。

シルバーのアイテムとともに、
いぶし銀な大人になりたいと思っております。


ヴィンテージチェーンの
ブレスレット、ウォレットチェーンは
数に限りがあります。
気になる方はどうぞお早めに!



イベントは2/28(日)までとなっております。
またとないこの機会に、ぜひ足を運んでみてください。



【SHOP INFORMATION】
エディション 表参道ヒルズ店
渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ2F
電話番号: 03-3403-8086
定休日: 不定休
営業時間: 月〜土 11:00〜21:00/日 11:00〜20:00



【hum SNS】
Instagram: hum_official
Facebook: hum
staff blog: http://chisatosawa.tumblr.com

0 件のコメント:

コメントを投稿