2014年10月15日水曜日

symbol collection

みなさんこんにちは。
boutique、新宿伊勢丹スタッフ久保です。

大きな台風も過ぎ去りめっきり寒くなりましたね。
秋を通り越して冬の寒さを感じます。



先日、humの10周年を感謝を込めまして
お手紙を送らせて頂きました。
社長、デザイナー、職人、店舗スタッフ一同に揃っての撮影会は
なんともドタバタ?としましたが、なかなかいい笑顔の
素敵な写真が撮れたと思います。



楽器をもってオーケストラ風になっていますが、
「一流のオーケストラが奏でる美しいアンサンブルのようなジュエリーであるように」
こんな願いや目標がこめられています。

オフショットには、みんなで変顔!
みんなに怒られてしまいそうなので、載せるのはやめておきます。
和気あいあいとしつつも、真剣にhumというブランドを
みなさんに提案し続けられればと思います。




そんな10周年を記念いたしまして
2011年、2012年にXmas限定で
お出ししていた人気シリーズを
「symbol collection」として復刻いたしました!

装い新たに帰ってきたシリーズを
ご紹介したいと思います。





モチーフが消えて抽象的なデザインになり始めたのはごく最近のこと。
それ以前、何千年もの間ジュエリーは何かしらのモチーフデザインで作られていました。
モチーフジュエリーがそれぞれにシンボリックな意味を持っているのは
ひとえに昔の人々の思いの強さによるもの。

小さなジュエリーに願いを込めて見に着けるのもとっても素敵ですよね!




humming bird
「美と愛の象徴」




wing
「守護神、望みの象徴」



bee
「愛と繁栄の象徴」



butterfly
「復活」「輪廻転生」「進化と喜び」「魂や不死」の象徴


ladybird
「幸運の象徴」


studs clover
「秘めた思い」


snake
「光と闇」「善と悪」「守護者と破壊者」




国や地域によって様々なストーリーがあります。
ここではほんの一部だけご紹介いたしました。

皆さんもぜひ調べてみて下さい!























0 件のコメント:

コメントを投稿