2014年7月15日火曜日

New Collection~ KUNDAN~


こんにちは、澤です。


先日アップしたThe Artisanal Collection

唯一無二の作品たちで構成されたhumのコレクションラインです。


千駄ヶ谷ブティックでも展開が始まりましたが、

7月16日(水)から伊勢丹新宿店にも登場いたします。



その名も、“KUNDAN”。




Kundan(クンダン)とはダイヤモンドのセッティングの一つ。

インドに古代から現代まで伝わる伝統的な技法です。



-------------


Kundanと職人が出会ったのは、インドはジャイプールにあるジェムパレスという宝飾店。
マリーエレーヌ・ドュ・タイヤックの工房がジェムパレスの敷地内にあることから、
日本でもご存知の方が多い老舗ジュエラー。


圧倒されたのがダイヤモンドのコレクション。
澤の命を受け、必死に写真を撮る職人

ほとんどが16世紀~17世紀のヨーロッパのアンティークで多く見られるフォイルバックという技法で
仕立てられた美しいジュエリーたち。


その後インドではフォイルバックがクンダンと呼ばれ、
クンダンがヨーロッパのダイヤモンドジュエリーに繋がってゆくことを知りました。

また、テクニックだけでなく多くのヨーロッパジュエラーが
デザインにもその影響を色濃く受けていることも。


実際に工房を見学。



オーナーのご子息から作り方、原理を教えていただいきました。


できたのが、インド・ヨーロッパとも違う、新しい解釈を加えたhumのKundanです。



-------------


Kundanの原理は鏡。

ローズカットダイヤモンドの裏を半円状のプラチナでセッティング。


実際に書いていただいたメモを読み解きながら、持ち帰ったリングを研究。



インドでは底上げのために使われていたカーボンはhumでは使用せず、
鏡にシルバーが使われていたのに対し、変色を防ぐためプラチナへ。


シンプルさの中に、humの独自性を融合させました。


プラチナの反射によって、今までとは全く違う、ゆらめくような煌めき方をします。




八角形:AR-R6 ¥222,000+tax










小:AR-R7 ¥238,000+tax







中:AR-R8 ¥520,000+tax







大:AR-R9 ¥648,000+tax





驚いたのが、暗いところでの煌めき。
自然光やロウソクの近くなどでの内に秘めた輝きがKUNDANの魅力。
エンゲージリングにはもちろん、ファッションリングにも。


全4型。
1点もののため、無くなり次第終了となります。

みなさまのご来店、お待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿