2013年7月18日木曜日

アトリエ通信Vol.2 ~職人・貞清特集~

こんにちは。羽場です。

先週から新宿伊勢丹と梅田阪急の直営店で始まった
豪華ジュエリーはご覧いただけましたでしょうか?
美しいデザインもさることながら、
細部まで緻密に作り込まれたその技術の妙に、ただただ溜め息がでます。
まさに小さな芸術作品!
またとない機会ですので、是非店頭でお手にとってご覧ください。

新宿伊勢丹は8月13日(火)まで、梅田阪急は8月20日(火)まで開催。
7月24日(水)には商品の入れ替えがありますので、前半・後半どちらもお見逃しなく。

これらhumのジュエリーは全て、職人・貞清智宏の手によって形作られています。
どんなに素晴らしいデザイン、アイディアがあっても、
最終的な出来はそれを具現化する職人の腕次第。
デザイナーと職人の見事な連携こそ、humの真骨頂ではないかと思います。

ということで、前回のデザイナー・稲沼特集に続き、今回は職人・貞清を特集!
個人的にとても気になっていた、貞清氏の私物をフィーチャーします。



------------------------------------------

◆まずはファッションアイテムから◆

お洒落は足元から。
Church'sのスタッズシューズが光ります。


手元のお洒落も抜かりなく。

上: Parisで一目惚れしたというヴィンテージのシルバーブレス。
2日間悩んだそう。無駄の無いデザインが素晴らしい。

中上: 最近ますます人気のhumeteチェーンブレス。こちらはシルバー。
中下: 同じくhumeteチェーンブレス。細いモデルのホワイトゴールド。
ダイヤなし・長めのオーダーも出来ますので、男性にもお勧めです。

下: お祖母様から受け継いだゴールドのネックレスをブレスに。
チェーンの角を削って丸くしています。
こんなリモデルも素敵です!


メンズジュエリー、まだまだ続きます。

上: なんとこちらは香水入れ。humがスタートした頃に作ったオリジナル。

中上: こちらも上同様hum初期の彫り入りシルバーバングル。
なんと今ブライダルでも大人気のstitchリングの先駆けでもあります。
10年近くも前にこの彫り模様が登場してたなんて驚きです。

中下: シルバーに埋まるゴールドの模様が特徴的なこちらは、
タイのマーケットでみつけたもの。
さすが職人。変わった作りのものに目がありません。

下: Threadシリーズのリングを金種違いで重ね着け。
メンズが着けられるデザインもありますので、男性も是非ご相談下さい!



◆"実用性+デザイン"なコレクション◆

左: ロンドンのマーケットで見つけたバッファローホーンを使ったルーペ。

中: humオリジナルルーペ。
右: humオリジナル香水入れ。
上にあったネックレス型香水入れ同様、hum初期に作られたもの。
ヴィンテージだと思ってました。。。
シルバー小物部門の復活、切望いたします!


愛用のペンコレクション。
Faber-Castellの鉛筆とヴィンテージのYard-O-Ledのシルバーペン。
Parisのマーケットなどで見つけてくるそう。
仕事道具にもこだわりが。


細工の美しいナイフたち。

上・中上: Laguioleのソムリエナイフ。
(ちなみにワインではなく、ビール派だそうです。)

中下・下:  こちらはアメリカ製。
寄木細工のようなハンドルと、ブレードに施された模様にも注目。

-------------------------------------------

いかがでしたか?
貞清氏の世界観・美意識を感じていただけたと思います。
職人には珍しく(?)とても気さくなキャラクターなので、
イベントの際などは是非話しかけてみてください!

愛犬ジローの運転でドライブ中の貞清氏。

以上、ありがとうございました!
---------------------------------------------

◆お知らせ◆
7/24〜8/29に梅田阪急でブライダルフェアが開催されます。
新作のエンゲージメントリングが初登場!
期間中はオプションのダイヤモンドのサービスや、
リングBoxに名入れのサービスがございます。
ご来店お待ちしております。

hum最新情報はFacebookをチェック!

0 件のコメント:

コメントを投稿